HOME > アトリエ今日このごろ

アトリエ今日このごろ


サランを描こう

2016/02/28

4年半ぶりにサランをモデルにしてみんなで絵を描きました。
サランは以前はにいはるびじゅつの看板犬でしたが、もう人間で言うと100歳近いかもしれない、寝たきり老犬です。

 

はじめにサランの生い立ちを子どもたちに話しました。
7年半前に保護センター(昔で言うと保健所です)で殺処分される日の朝ギリギリで命を救われてうちの家族になったこと。今はもう自分では動けないから、ご飯もこうして寝たまま注射器みたいなので口の中に入れてあげるんだよ、とやって見せました。
殆どの子どもたちが神妙に聞いてくれて、今の骨と皮ばかりになったサランをやさしく撫でてくれました。

 

絵は「みんな、好きなように描いてごらん」

 

普通の「かわいいワンちゃん」とはほど遠い、横たわったままの老犬をどう描いたらいいのか悩む子どもたちもいれば、さっさと自分のイメージで描いていく子どもたちもいました。野原をお散歩しているサラン、ありのままの姿で半分白目をむいて眠ったサラン、サランのお誕生日や、やさしい色に包まれたサランもいます。
紙の色や画材は曜日によってちょっと変えた部分もありますが、子どもたちの捉え方やイメージでこうも違うものかとびっくりしました。

 

サランも4日間本当にお疲れさまでしたね、ありがとう。
そして子どもたち、みんなの絵は写真に撮ってサラン亡き後も一生大切にします。ありがとう‥!
(作品の一部だけ紹介します)

絵による自己表現を、子どもたちがもっと楽しめるようにすること。ほぼ造形(立体)作品ばかりのにいはるびじゅつですが、それをこれからの大きな目標の一つにしていきたいと思います。


Copyright (C) 1996-2018 Niiharu-Bijutsu. All Rights Reserved.