HOME > 100のモノづくり > や〜行のモノづくり > ローケツぞめ

ローケツぞめ


草木染めの時、わごむしばりや縫いしぼりでは思うような形は表現できません。そこでローケツ染めでその想いを実現しました。初期の頃はロウをアイロンで溶かして新聞に吸わせたりしたので布がバリバリになっていました。最近は熱湯で洗い流せる高価なロウを使っています(昔の子どもたちゴメンナサイ)。色も年によって違います。ローケツ染めというと大人の人たちの作品づくりのようですが、子どもたちの絵が活かされてぜひおすすめのテーマです!


Copyright (C) 1996-2018 Niiharu-Bijutsu. All Rights Reserved.